CLOSE
next

無敵ロボ トライダーG7

作品概要

宇宙の何でも屋・竹尾ゼネラルカンパニ-と主人公・竹尾ワッ太の活躍を描く下町人情ロボットアニメーション。
トライダーG7が公園から発進する様子は、あまりにも有名。細かな下町描写やワッ太が小学6年生である点など、戦闘だけではなく、生活感あふれる演出が印象的で、ロボットアニメの新たな可能性を示し、後の作品に多大な影響を与えた傑作である。

ストーリー

竹尾ゼネラルカンパニーは貨物輸送から惑星開発、危険物処理まで何でも請け負う「宇宙の何でも屋」。亡き父の後を継いで社長になったワッ太は、なんと小学6年生。遊びや勉強に忙しい毎日だが、ひとたび依頼があれば授業中でも夜中でも、父から託されたトライダーG7に乗り、ロボット帝国が送り込むメカロボットに立ち向かう。